品川で子育てしているSEのゆるゆる芋づる式日記

品川区での保活情報、3歳&0歳男子育児、仕事と家庭の両立について一応東大なミーハーSEが綴るブログです

「ココナラ」で「顔タイプ診断」と「骨格診断」をしていただきました(前編)

おはようございます。

先日、「ココナラ」で「顔タイプ診断」と「骨格診断」をしていただきましたので、その内容と感想を書いてみたいと思います。

前々からもや~っとファッションについての悩みがあったのですが、その悩みが解け、「呪い」も解けたように感じました。

特に私と同じアラフォーの方におススメしたいなぁ、と思います。

診断をお願いしたきっかけ

マキロさん (id:hayabusacoffee)のこちらの記事を拝見した時から気になっておりました。
www.hayabusacoffee.com

さらに梅つま子さん(id:umet)のブログを拝見。
www.tsumako.com

お2人ともとても分かりやすく診断の内容や魅力を書かれていて、おおいに触発されたので私もやってみよう!とチャレンジする事にしました。

当初は同じ「骨格診断」をお願いしようと思っていたのですが、色々検索しているうちに今回の「顔タイプ診断」が気になり両方お願いする事にしました。

なお、パーソナルカラー診断は以前会社の研修で受けた事があった為(オータムでした)特に検討せずでしたが、これまた色選びでお悩みの方にはおススメだと思います。

お願いしたサービスは

お願いしたのはこちらの、「megami先生」が提供されている「顔タイプ診断で似合うファッションテイスト分かります」というサービスです。
coconala.com
「顔タイプ診断」5000円+オプションの「骨格診断」1000円で申し込みました。

診断についての詳細はぜひリンク先をご覧いただければと思いますが、私が特に気になったのは「日本顔タイプ診断協会1級アドバイザー」という資格があるんだ・・・という事もさることながら

実はお顔にもテイストがあり、お顔と服のイメージを合わせると洗練され素敵に見えます。

人の第一印象は、肌の色でもなく身体の形でもなく顔で決まります。ファッションを選ぶ時に一番大事なのは顔なのです。

と書かれていた点。

私は以前からなんとなく自分の顔と体形のアンバランスみたいなものをずっと感じていました(体型だけを基準にして服を選ぶと合わない事がある)。

「顔」からのアプローチは骨格と並んでとても魅力的に感じ、プロフィール・納期・レビュー等を元に判断し、先生にお願いする事に決めました。

なお、今回の記事については事前にmegami先生にご確認をいただき、公開についてご了承をいただいております(お忙しい中ありがとうございました・・・m(_ _)m)。

自分自身のファッションについての悩み

私は結婚するまではモテたいがため、「MORE」を参考にしながらしばしデパートでよく分からないと思いつつ色々な服を買っていました。好きなブランドはMK、CLEAR IMPRESSION、UNTITLED、組曲、23区等等。あと、「バーバリーブルーレーベル」も(服は結局手が出なかったけど)好きでした。結婚してからユニクロに目覚めました。

ファッション雑誌に散りばめられたワードはなかなか頭に入らなかったけど、「1カ月着回し」特集は大好きで必ず読んでました。「期待してなかったメーカー男子との合コン、意外に出会いあり!?」みたいな。ファッション関係ない。

おいといて、そんな中で今に至るまで抱えている(いた)ファッションについての悩みをまとめてみると以下になります。

・似合う服を着たいが何が似合うのか分からない
何が似合うのかよく分からなくて服選びにとても時間がかかる。時間も限られているので、上手にフィルタリングして効率よく「似合う」にたどり着きたい。

・「モテカワ」が似合わない
これは、今は特に求めていないのですが婚活していた時にはかなりの悩みでした。。

・「もったいない」を無くしたい
試着した時(そして店員さんに「お似合いです~☆」と言われた時)は似合っているように感じていた服も、家に帰っていざ落ち着いて着てみると「・・・あれ?」という事、しばし。

そういう服は結局「今日はやめとこ」が続いてクローゼットの肥やしになってしまいます。お金もスペースも、思い切って断捨離を決めてからの作業も全部もったいない。服がかわいそう。

似合う服が分かればこの「もったいない」を無くせるのではないか。

・アラフォーになると誤魔化しが効かなくなってくる
ファッションを気にするのって若者だけかと思っていたのですが、いざアラフォーになるとそんな事はなくて。

むしろ、若さや勢いで誤魔化せない分シビアな気がします。この歳にもなれば、見た目が単に見た目ではなく「人柄」の一部になってくるし。第一印象で損したくないなぁ。そんな焦りがありました。

診断過程

診断の際は指定された以下の写真を撮影してお送りしました。
①顔写真(正面顔と横顔)2枚 ※真顔
②普段の雰囲気が分かる、微笑くらいの笑顔の全身写真1~2枚
③正面、真横、後ろの全身写真 ※オプションの骨格診断用。鎖骨が見えるように。

①はできるだけ素の状態がいいかなぁ、とすっぴんで撮ったのですがまぁ本当にひどくて。

「ん?どこの容疑者かな?」って感じでした・・・。

もし万一「ココナラ」がハッキングされてこの写真が悪者の手に入ってビットコイン2000ドル分払えと言われたらどうしようって程に。

こんなヒドイものを見せるなんてなんだか申し訳ない気分でしたが、ここで診断できれば一生為になるから!と思い切って送信しました。

長くなったので診断結果とその感想は次回に続きます。

おまけ

ある意味今までで一番思い切ったファッション?(犬の着ぐるみ)