品川で子育てしているSEのゆるゆる芋づる式日記

品川区での保活情報、4歳&1歳男子育児、仕事と家庭の両立について一応東大なミーハーSEが綴るブログです

1歳3歳子連れシンガポール旅行記①1日目 7時間のフライト対策

スポンサーリンク

おはようございます。

4/12-16にかけて、1歳3歳を連れてシンガポール旅行に行って参りました!
自分も海外旅行に慣れていない中での、初の子連れ海外でした。

不慣れなので出発前は「?」な事ばかり。思い出とともに、そのあたりがどうなったかも記録して、同じような方の参考になれたらと思います。なるかな。。

我が家のメンバー紹介

・長男たろう 3歳、保育園児。トイトレ途中。約18kg。
・次男じろう 1歳、保育園児(なりたて)。夜間断乳トライ中。約9.5kg。
・三太(夫) アラフォー会社員。海外旅行は新婚旅行以来。
・とろろ(私) アラフォー会社員(育休中)。同上。

持ち物・服装・ガイドブックについて

各日の持ち物・服装はそれぞれ記録予定ですが、全体的なことなど。

①持ち物について
今回持ち物がかなり沢山あったので、Excelにまとめて夫とファイル共有し、パッキングの際は紙印刷してチェックを入れていきました。(Googleスプレッドシートでもいいと思う。)

2人ともそれぞれスーツケース、リュック、ショルダーバッグを用意し、たろうの物は夫、じろうの物は私が持つようにしました。

スーツケースについては「1個で十分、足りなくなったら買えばいい」説もネットで見かけたのですが、なんせ初めてのシンガポールでしかも子連れ。なので、余裕をもって色々多めに持っていく事にしました。

f:id:tonarino_tororo_desu:20190412083233j:plain
じろうの離乳食&オムツだけでこんな感じ。

さらにベビーカーも必要なので、家→空港への移動は
夫・・・じろう(エルゴ)、たろう(ベビーカー)、夫のスーツケース
私・・・自分のスーツケース
という配分で移動しました。私がスーツケース2つ持って移動しようとしたけど意外に重かった・・・。

リュックは主に子どもの物用。去年買っていた「kanana」を使いましたが、ほんとよく入りました。

ショルダーバッグは主に貴重品用で、5年程前に買ったマリ・クレールのものを発掘。

何故かあまり使ってなかったけど、可愛いしポケットも多くて便利でした。

パスポートやeチケットなど、貴重品でかつ出し入れが多いものは無印のファスナー付きのEVAケースを買いました。
www.muji.net
このケース、ファスナーはしっかりしてるけどすごく柔らかくて曲げやすく、手触りもよくて、とても良かったです・・・!

これで税込み100円とは!

②服装について
服装は「機能」と「見た目」両方考えねばならず、なかなか悩ましかったです。

外は暑いけど屋内は冷房で涼しい(寒い)そう。なのでそれぞれ対策しつつ、長い距離を歩けるように、という点も考慮しなければ。

とはいえ、折角の旅行で行き先は都会。自分も子どもも沢山写真が残るはずなので、あとで見返した時にがっかりしたくない・・・となればそれなりにオシャレをしたい。

そんなこんなで、割と事前に散財してしまいました。

「オシャレな恰好をしていると狙われるから海外旅行ではボロい恰好がいい」という話も聞きますが、シンガポールは都会で行ってみるとみんなオシャレしてて、心配?はいらないかなと思いました。

③ガイドブック
こちらを買いました。

持ち歩きやすいサイズな上、ファミリー向けに「子供が0-2歳、3-6歳、6歳-」それぞれの場合についてコメントがしてあって、かゆい所に手が届く一冊でした・・・!

Wi-Fiがあれば現地でもネットで検索したりGoogle Mapも見られますが、やっぱりコンパクトにまとまっているガイドが1冊あるといいなーと思いました。

ちなみに、同じ「地球の歩き方 シンガポール」で「女子旅」編もあるので間違い注意。(うっかり買った。)

初日の流れ

14:45頃 羽田空港国際線ターミナル着~チェックイン(スーツケース・ベビーカー預ける・空港内用のベビーカーを借りる)
もっと早めに着く予定だった。。

手荷物検査
出国審査

15:45 搭乗口のそばのカフェでお昼ご飯 昼?
16:20 搭乗口へ(優先搭乗の案内をいただきました)
16:40頃 搭乗
17:05 出発(といいつつ実際に離陸したのは20-30分後くらい)
23:15頃(日本時間0:15) 到着

入国審査

スーツケース等ピックアップ
タクシーでホテルに移動

といったところでした。持ち物検査はそれなりに待ったけど、GW前のせいか、全体的に混雑してない印象でした。

我が家のフライト対策

事前に「?」だった事の数々について、結果どうだったかを書いてみます。

何時の便に乗るか?

我が家では、
・空港→羽田(成田の方がちょっと安いけど子連れなので近い方!)
・航空会社→シンガポール航空(JAL/ANAより安いけど定評あり不安なし、バシネット大きい、女性CAさんの制服が素敵)

と、その2点は迷わずでした。(シンガポール航空、行き帰りとも日本人のCAさんがいました。)

迷ったのはどの時間帯の便にするか。

羽田→シンガポールへの便は、シンガポール航空利用の場合
A. 午前便 9:15発/15:15着
B. 夕刻便 17:05発/23:05着
C. 夜便 22:55発/翌04:55着
D. 未明便 2:30発/9:15着

とありました。(シンガポールと東京は1時間の時差があり、シンガポールの方が1時間早い。)

所要時間は約7時間。

まずAは、
・4-5時台に起きなければならず、朝弱い我々には難しい。というか徹夜になる。
・いつも上の子は朝なかなか起きないので、4-5時に起こせるか非常に不安。
・子ども達が元気な時間帯のフライトで、特に上の子は1度スイッチ入ったら寝ない可能性あり。徹夜明けになる親にとって非常にしんどい事になる。

という理由で除外。へたれ。

さらに、「この時間なら子ども達も疲れて寝てくれそう」「現地に着いてから、とにかくベッドで眠りたい」といった思いが決め手になりBに決定しました。

想像した通り、いや想像以上に用意はギリギリになり当日の朝もまだパッキングしていたので、朝便除外でよかったです・・・。

昼寝なしで臨んだところ、上の子はいつもより早く寝始めてくれて安堵。下の子は時々泣きましたが授乳すると寝てくれました。

(もっとも、ずっと泣いてる赤ちゃんもいたので子どもや状況によるのかなと思います。。)

寝てからはずっと抱っこで(バシネットに置くと起きそうで、結局動かせず)疲れたので、到着後ベッドで眠れたのは本当に良かったです!

「CやDのような夜の便だと下の子が夜泣きした時周りの人に迷惑かけるかな」も結構考えましたが、「周りの人は気にしない」「優しい」という意見もいただきました。


機内持ち込み用のベビーカーは別途必要か?

我が家のベビーカー(コンビのF2plus)はサイズ的に機内には持ち込めないので、空港でのチェックイン時にスーツケースとともに預けないといけません。

チェックインからフライトまでの2時間の間用に、機内持ち込み可能なベビーカーも持っておいた方がいいのかなぁ、でもそんな短時間用になんてもったいないしと悩みました。

結局搭乗口まで使えるベビーカーを無料で貸し出してもらえるとの事だったので、買わずにそちらを利用する事に。チェックインしたその場でお借りする事ができました♫

(ハイシーズンだと早めに行って確実にゲットした方が良いのかも?)

ちなみに、ベビーカーには主に3歳のたろうを乗せ、じろうは夫がエルゴで抱っこしていました。

たろうはかなり動きたがるので、制御用という感じでした。。

どんな服装で行くのがよい?

東京→肌寒い
機内→涼しい?
現地→(夜だけど)暑そう

バラバラ。

という訳で悩みましたが、以下のようにしました。

・3歳たろう:
上:半袖シャツ+裏地のあるパーカー
下:ハーフパンツ(長いのを着せようとしたら本人がこれがいい!と主張)
靴:スニーカー

お気に入りのリュックは常に帯同。

・1歳じろう:
上:半袖シャツ+裏地のあるパーカー
下:ユニクロのレギンス
靴:なし(移動はエルゴ)、靴下のみ

・夫
上:半袖シャツ+長袖シャツ
下:長ズボン
靴:スニーカー

・私
上:半袖シャツ+パーカー+ユニクロのウルトラライトダウン
下:ユニクロの七分丈パンツ
靴:スニーカー

といういでたちでした。家→駅までは歩きだったので、基本は東京の天気に合わせつつ現地用に半袖シャツ着用。機内では子ども達は半袖、寝たら毛布をかける、という計画でした。

私自身は、現地は暑いのでと七分丈のパンツにしました。・・・が、寒がりなので、さらに機内用にレッグウォーマーも持っていきました。後から思えば現地着いたら空港からタクシー移動で外には殆ど出ないし、長めのパンツでよかった気がします。。

シャツはちょっとカジュアル過ぎて、ホテルについてから記念撮影をしたけど微妙な感じになってしまいました。もう少しオシャレなものにすればよかったです(-_-;)

自分自身のフライト対策・持ち物

機内に持ち込んだ自分用荷物はこんな感じでした。
f:id:tonarino_tororo_desu:20190418144310p:plain

①退屈対策
本を持っていきました。

物語 シンガポールの歴史 (中公新書)

物語 シンガポールの歴史 (中公新書)

午後5時過ぎに羽田を出発してかれこれ4時間位食事や子ども達の世話に追われていましたが、9時過ぎにたろうが寝てからは意外に落ち着いて読む事ができました。

とても面白かったので、旅行予定の方にはぜひおススメしたいです・・・!

※機内ではもちろん映画も観られます。

②食欲対策
何もおやつを持っておらず。思っていた程すぐ機内食が出てこなかったので、それまではもらったスナック菓子などでしのいでいました。

たろうが珍しく機内食をあまり食べなかったので、残りを食べていたら結局お腹いっぱいになりました。。

(配られたコナン君のアイス)

③その他
・現金3万円をシンガポールドルに替えて行きました。が、メジャーな観光地が主だった事もあり、現金でないといけないシーンはほぼゼロでした。

・とにかく手荒れがひどくて痛かったので、皮膚科の薬を持参しました。手荷物検査で引っかからないか不安だったけど、大丈夫でした。

・また、私は腰痛持ちで長時間座っているとお尻が痛くなるのでゴルフボールも持参しました。

1歳児のフライト対策・持ち物

(持ち物リスト)
f:id:tonarino_tororo_desu:20190418145625p:plain
虫さされ、飛行機ではいらんよな。。

①退屈対策
最近リモコンがお気に入りなので、もう使っていないレコーダーの小さなリモコンを、電池を取って持っていきました。

・・・が、殆ど使わなかったです。。機内で音のしないおもちゃをもらえました。

②食欲対策
夕飯として、和光堂の離乳食を持っていきました。

その後はひたすら泣く〜授乳〜寝る、の繰り返し。夜間断乳中だったけど、旅行中はお休み!という事にしました。

せっかく「バシネット」をつけてもらえたけど、動かすと起きそうだったので、寝てる間はずっと抱っこしていました。。

そういえば手荷物検査後「ベビー麦茶」を買う予定でしたが、すっかり忘れてました。というか空港で売ってるんだろうか。

③耳抜き対策
離陸のタイミングで授乳するとよい、とよく聞いていたので飛行機が動き出すとともに授乳を始めました。

が、羽田って飛行機が動き出してから実際に離陸するまで結構待ち時間あるんですね・・・(かれこれ30分くらい?)。途中で「やばい」と思い一旦やめて、直前に再開しました。特に泣いていなかったので、おそらく大丈夫だったのだろうと思います。

④トイレ対策
搭乗前、空港内でオムツ替えをしようとしたところ、既に漏れていました・・・!(小の方)
着替えを持っていたので大丈夫でしたが、1セットしかなかったのでその後はヒヤヒヤでした。もっともっていけばよかったです。

3歳児のフライト対策・持ち物

(持ち物リスト)
f:id:tonarino_tororo_desu:20190418145827p:plain
プラスiPad

①退屈対策
経験者に聞く限り「動画とおやつ」。という訳で動画とおやつを用意しました。

たろうはNetflixの「パジャマスク」と「チャーリー」のシリーズにはまっているのでそれを見せる事に。

飛行中はWi-Fiは使えない(正確には有料Wi-Fiはあるけどできれば避けたい)ので、事前に全部iPadにダウンロードしました。

Netflixは追加料金なしでダウンロード可能なのです!スバラシイ。
media.netflix.com

ハマってるのがNetflixの動画でよかったです・・・。ぐぐった感じではYouTubeでもダウンロードはできなくも無さそうだけど。

飛行機ではイヤホンも配られますが、たぶんたろうは嫌がりそうだし大きくて耳に入らないかも。という訳で、子ども用のヘッドホンも購入。

予想通り飛行機で配られているものは嫌がってダメでした。このヘッドホン、当初「あれ?片耳しか聞こえない!」とかなり焦ったのですが、よく見たらイヤホンジャックが半分しか刺さってなかった・・・あるある。動作確認大事。

更に経験者から勧められたフットレストも。

こんな感じでした。高さは1/3・2/3・フルと調節可能でした。ちなみにストッケからも出ていますがなかなかいいお値段でした。

いろいろやって、なんとかもちました・・・!ありがとうパジャマスク。最初は興奮気味だったけど、21時過ぎには寝始めました。よかった。

②食欲対策
あんぱんまんビスケット等を持っていきました。

また、荷物検査の後空港内でお茶を買い、お気に入りの水筒に移し替えました。
(液体物の機内持ち込みについて)
http://www.mlit.go.jp/koku/03_information/13_motikomiseigen/poster.pdf

が、、機内では水筒のお茶は殆ど飲まず、CAさんに配ってもらえる「りんごジュース」や「オレンジジュース」をしょっちゅう欲しがっていました。もらえるならそっちの方がいいんですね。。

(家だと途中で「もうおしまい」と切り上げるけど、機嫌キープの為「特別だよ」とずっとOKしてしまいました。。)

③耳抜き対策
離陸時飲み物を飲ませる作戦で行く事にしました。

が・・・出発前、水筒を持たせても全然飲もうとしない!ずっとなんか歌ってる!結局水筒はしまって「お耳痛くなるかもしれないからね」と言い聞かせながら離陸。

全然痛くならなかったようで、全く変わった様子なしでした。

④トイレ対策
絶賛トイトレ中のたろう氏、保育園では昼寝も含めパンツで過ごしています。

が、まだまだおもらしもするし、夜はオムツに替えています。

レーニング的にはどこに行こうが頑張った方がいいのかも知れませんが、旅行中は少しでもトラブルのリスクは減らしたいので、全オムで行く事にしました。

出発して約2時間程したところで、
「おしっこ」と言い出しました。
「トイレいく?」と言ったら
「もうでちゃった」と。

ふふふ、オムツだから大丈夫ー!と思ったらなんと。

・・・漏れている・・・。(小の方)

シンガポール航空さんすみません。。

しかも、

あ、着替え持ってない・・・

なにぃぃぃ!

リストになかった・・・

あ、ほんとだ・・・うっかり。。いやでもそりゃリスト作ったの私だけど、そこは気を利かせても!

ひとまず、オムツはあるので夫がたろうを連れて機内のトイレへ。

どうしようと思いましたがCAさんに、

"So sorry... My son peed...and this seat is a little wet..."となんとか伝えたところ、

"大丈夫!シンガポールついたらシート取って洗濯してるから!教えてくれてありがとう。全然心配しなくていい!"

的な事を言ってくれました。。

で、着替えもなくたろうはどうしたかというと。

機内で、夫のシャツを上から着せてもらいました。。

機内では!3歳児でも!着替えが!必要!!!

そんなこんなで初日からいろいろやらかしてしまいましたが、無事シンガポールに到着しました。

スーツケースをピックアップして最初にやったのはもちろんたろうの着替え。いやはや。

疲れつつ、チャンギ空港のコンビニで飲み物を買って、タクシーに乗ってホテルに向かいました。

続きます。

お知らせ

前回の記事について、コメントをたくさんいただきました。ありがとうございます!

で、なんと、タイクツさん(id:kurataikutu)が記事を取り上げてくださいました・・・!
www.mamazero.com
記事を、っていうか私を?

光栄すぎる。とにかく面白かったです。すごいです。やばいです。なんかこう、色々書きたくなってきました・・・!

ちなみにタイクツさんがリンクを貼られていたこちらの記事。
dot.asahi.com

プロポーション抜群の人が自分のサイズを、太っている人の前でただ語るだけでも、自慢していると思われるでしょう。
体型にコンプレックスを感じている人の前で、どうしてもサイズを語らないといけない特別な事情がない限り、それは自慢だと取られます。

わかりみ・・・。※タイクツさんはここには全く言及されていません、念のため。

えっと、次回はシンガポール2日目の模様をお届けする予定です!