品川で子育てしているSEのゆるゆる芋づる式日記

4歳&2歳男子育児@品川区、仕事と家庭の両立について一応東大なミーハーSEが綴るブログです

【リノベ】業者さん、こんな感じで決めました

スポンサーリンク

おはようございます。

リノベします!と宣言してなんともう8か月近く(!)

遅まきながら、「リノベ」最初のヤマとも言える「リノベ業者選び」我が家の場合はこうでした、という記録をしておきたいと思います。

子連れ業者選び、、、一言でいうと、
大変でした。

我が家のメンバー紹介

・長男たろう 4歳、保育園児。
・次男じろう 1歳11か月→2歳、保育園児。本日の主役。
・三太(夫) アラフォー会社員。
・とろろ(私) アラフォー会社員。

前提・我が家のリノベ内容

まず最初に、「今後リノベをしようかな?」と考えている方のご参考になるように、前提となる我が家のリノベ内容についてまとめます。

①基本情報
・家族構成:4人家族(共働き夫婦+保育園児で同性の子ども2人)。3人目予定なし。
・対象:自己所有マンション
・築:約15年
・広さ:約80平米
・現在の間取り:3LDK
・検討時期:2019年3-6月(次男の育休終了直前~職場復帰したころ)

②やりたい事
・子ども2人の将来の個室確保
・玄関を広く明るく収納力up
・リビング以外での室内干しを可能に
・キッチンをオープンに、収納力up
・親2人の仕事場所確保
・洗面所の収納と見た目改善
・寝室(将来の子ども部屋)用にエアコン増設
・とにかく全体的に収納力up

もりもりです。詳細はよかったら「リノベ」カテゴリの記事をご覧ください。

ネットなどで見る限り、これだけの事をやろうとすると「スケルトンリノベーション」(スケルトンリフォーム)になりそうだなぁと思われたので、そこを念頭において探していました。

リノベ業者の選択肢

業者の種類と特徴についてはちきりんさんの著書がまとまっていて分かりやすいと思います。

ちょいちょい疑問を持っていたりもしますが。

p.103 図表7の区分を参考にさせていただきつつ、私なりの解釈を入れて少しだけアレンジすると、分類としては以下というところ。

①大手デベロッパー系(三〇不動産とか、〇友不動産とか)
②不動産仲介系
③リノベ・リフォーム専業系(リ〇ベるとか)
設計事務所
⑤「街の工務店

なお、リノベの過程でショールーム行くと、実際がどれかによらず「工務店さん」という言葉が使われる事が多かったです。

分類は一応しましたが、やってみて分かったのは、例えばひとくちに「大手」と言っても会社によって結構違う!という事。なので、上記の区分はざっくり参考程度で、比較の際は「大手か、工務店か」というより「A不動産かB工務店か」と個々の比較になっていくと感じました。

業者選定の流れ・我が家の場合

では我が家はどのように業者選定していったか?について。

実は、、かなり場当たり的にあたってしまっておりまして、上記の区分も、実は決まってから本読んで、「言われてみればこんなかんじー」というていたらくでした。。

おそらく、めっちゃ緻密に選定計画立てても結局同じ業者を選んだだろうと思います。とはいえ、も少し計画的に当たっていたら楽だったかな?という気もするので、そのあたりの反省も踏まえてお伝えしたいと思います。

我が家が検討した業者

具体名は伏せます。

①大手デベロッパー系
A. 大手A社。マンションリフォーム1位。
B. 大手B社。マンションリフォーム上位。
C. 準大手C社。マンションリフォームというより戸建て建築大手のグループ会社。

②不動産仲介系
あたらず。

③リノベ・リフォーム専業系
D. D社。リノベ考えた人はたぶんだいたい資料請求している。

設計事務所
E. E設計事務所。知っている人は知っていると思う(なんのヒントにもなっていない)。

⑤「街の工務店
あたらず。

大手・準大手3社とリノベ専業1社、そして1設計事務所、でした。

先ほども書いた通り、理路整然と最初から調べぬいて選択肢を出して同時並行であたった訳では全くなくでした(詳細次項)。

先に選択しなかったパターンについて、その理由。

マンションの大掛かりなリノベなので、そこを専門にやっていて実績が多いところがいいかなぁ・・・との前提で探そうとしていました。

②不動産仲介系
実はマンションを買った時に壁紙やトイレのリフォームを頼んだのはまさに仲介業者さんのリフォーム部門でした。

ただ、そこはホームページなど見る限り部分リフォーム中心で、あまり大規模なものはやっていなさそうだったので、選択肢には入れずでした。

⑤「街の工務店
近隣で簡単に検索しましたが、「小規模リフォーム中心」なのかなというところが多かったので、②同様選択肢から外してしまいました。

もっといろいろ探せばあったかもなのですが、ネットの検索結果から実績があり信頼できるところを調べきるのはかなり大変そうだなと思い、体力的に除外してしまいました(子連れであちこち行くのも大変だし時間はないしで)。

友人やママ友さんで注文住宅を工務店さんに依頼した人は結構知っているので、注文住宅を選択してたら検討していたかと思います。

そんなこんなで実際にコンタクトを取ったのは上記5者だった訳ですが、十分大変でした。

参考になるサイトや雑誌等

後で気づいて「見ておけばよかったかな」と思ったものも含めてご紹介(^^;

1) その会社のホームページ
言わずもがなですね💦
その会社の実例集が見られるので、傾向など参考になりました。

2) 個人ブログ
「(会社名) ブログ」で検索すると色々ありました。
ただ、中にはすごい悪口書いてるパターンもあって(我が家が選んだところもそうだった)、そういうのは参考にしつつほどほどに。

個人ブログは、どちらかというと業者さん決めてからリノベの内容という観点で参考になる事が多かったです。

(素敵なブログがたくさん)
kries.jp

cocoyuko.com

見ていて思ったのは、同じ「リノベ」と言っても「戸建て」と「マンション」では様々な違いがあり、やはり「マンションリノベ」の経験値が高いところに依頼する方がいいかな、とは感じました。
でもみんながそんな風に考えたら新規業者が活躍できないかしら・・・。

3) 雑誌「relife+」

リライフプラスvol.32 (扶桑社ムック)

リライフプラスvol.32 (扶桑社ムック)

  • 発売日: 2019/03/20
  • メディア: Kindle
業者決めてから存在を知り、「先に見ておけばよかった!しもたー!」と思ったのがまさにこの雑誌。
・超大手以外の会社・設計事務所が沢山載っている
・実例つきなので、それぞれの傾向もある程度見える
・実例がいっぱいでとにかく楽しい
・そこから自分のリノベの参考にもなる
等等。

検討されている方には、1冊は買う事をおススメします。
ちなみに、各実例の費用についてはよく見ると「(設計料別)」とか書かれていることもあり、あくまで参考程度かなと思います。

4) 口コミ
実際に経験した友人や親族からの情報は、ナマの声が聞けるという点で参考になると思います。

あと、場合によっては「ご紹介」の場合多少割引してもらえる事もあるのでそのあたりもメリット?

5) リフォーム産業新聞
www.reform-online.jp
これまたこんな媒体あるんだ・・・と、決めてから知りました。無料会員登録可能。
「ランキング」等見る事で、リフォームをやっている会社を確認したり、その会社の記事を検索したりできます。

見てると楽しすぎるので、これもまたほどほどがよろしいかと思います・・・!

選択過程時系列

先ほどのA-Eを用いて過程を書いてみます。

2019年3月末
注文住宅検討→難しそう→マンションリノベした友人の家に遊びに行き、「リノベだ!」と考えるに至る。

とはいえ「すぐやろう」とは思っておらず。ひとまず気になったA社の「お問い合わせフォーム」からコンタクト。

ほぼ同時期に、別途建売住宅関連で問い合わせてたB社からコンタクトあり、「やはりマンションリノベを検討しようかと」と伝えたところ、「ではリノベ部門の営業がお話を伺ってもよろしいでしょうか」と提案され、会ってみる事に。

※ちなみにこの建売住宅は「価格未公開」で出されていたのですが、想定のはるかかなた上・いちおくえんくらいするんだそうで即効ナシナシ!になりました。

さらに、実家の母にリノベも考えている旨伝えたところ、実家(戸建て)リフォームの時の営業さんがいい感じだったという事でC社さんを紹介される。

4月
上記A-C社さんの営業さんそれぞれとコンタクト@自宅。

(育休があける直前で比較的時間があった。)

同時並行で打合せする。だんだん、今やろうかなという気になってくる。

一方、前々から気になっていたE設計事務所(友人がそこでリノベをしていた)に思い切ってコンタクト、アポを取らせていただく。

5月
E設計事務所アポ。

A-Cと会話しつつ、価格面が気になったのともう少し大手以外も検討してはどうだろうと思い、SNSでよく見かけたD社にコンタクト、D社に赴く。

6月末
なんやかや最終決定。

それぞれの印象

①大手デベロッパー系
A. 大手A社。マンションリフォーム1位。
かなり積極的。担当営業さんが設計もする。実績が豊富。その場で提案がすぐ出てくる。メールの返事が超早い。場数踏んでる感がすごい。

B. 大手B社。マンションリフォーム上位。
A社と比較しおだやかな感じ。こちらは営業さんとは別に設計事務所から設計士さんが来て、設計は設計士さんがする。「女性目線」も売り。

C. 準大手C社。マンションリフォームというより戸建て建築大手のグループ会社。
戸建てのイメージ強い(デザインが素敵で、住宅展示場で見てかなり心奪われた)。感じのよい営業さん。親族紹介なのでちょっと割引あり。

③リノベ・リフォーム専業系
D. D社
リノベ雑誌で見かける「リノベ」らしい感じの設計が多い。担当営業さんは設計も兼ねている。全体的にカジュアルな雰囲気。

設計事務所
E. E設計事務所
実際に設計された部屋が本当に素晴らしく、自分の趣味や方向性にも合っていた。実績もかなりのもの。超人気。

選択結果

この中で我が家がどこを選択したのか!?答えは・・・



(M-1上戸彩風に)
後編にて!