品川で子育てしているSEのゆるゆる芋づる式日記

品川区での保活情報、3歳&0歳男子育児、仕事と家庭の両立について一応東大なミーハーSEが綴るブログです

息子の習い事・体験会に行ってきました

おはようございます。

先日習い事についてのエントリを書いていたのですが、今回は「実際にやってみた」編です。
www.tonarinotororodesu.tokyo

このタイミングで行く事にした理由

・ママさん情報
遡る事2年前、品川区主催の「生後3か月の子とその母の集い」というこぢんまりとした催しに行った時の事。

上の子がいるお母さんに「スイミングはゼロちゃんからでもできるよ」と聞いてびっくり。4歳くらいからかと思ってた…。

間とって2歳くらいになったら考えよかな、とかねてから思ってたのを決行。

・保育園での様子
保育園の先生の話によるとプールを楽しんでるとのことで、これならいけるかなと。

・息子の体力
土日、公園みっちり2時間→家帰ってご飯食べてもすぐには寝ず、「昼寝」してくれるのが3時過ぎだったり。息子のエネルギーについてけない気がしたので外の力に頼ろうと。

・だって夏だから
なんとなくスイミング始めるのは保育園でもプールやってる夏からがいいかな~と。

・だって夏休みだから
親がヒマなうちに。

一方、会社の同期が彼女の2歳の子の英会話教室について「ちっちゃい子が歌うたって楽しそうにしてるの見ると癒される」と言っていて、そちらにも興味津々。スイミングが軌道に乗ったらもう一個考えようかなというところ。

体験会の模様

「体験会」といっても特別な会があるのではなく、普段のレッスンに混ぜてもらうというものでした。通うつもりの曜日は土日ですが、とりあえず電話した翌日の平日クラスに行く事にしました。

先ほどからスイミングと言っていますが、実は参加したのは「体操」と「スイミング」両方。

当初はスイミングだけのつもりだったところ、同じ月額で両方OKと聞き、「ならば」とがめつく挑んでみました(だって1諭吉/月ですよ・・・)。

「レッスン」は体操もスイミングも1時間程度。ベビークラスなのでそんなきっちりではなく楽しむ感じ。

小さいうちは保護者も要同伴という事で我が家は夫が同伴・私が見学、という体制。平日クラスだったせいか周りは殆どお母さんでした。

見学は「体操」から。息子は当初「俺はゴーイングマイウェイじゃ」という感じでしたが、すぐに慣れてすべり台登ったり降りたり。トランポリンも飛んでたけど、どちらかというと夫の不器用さが印象的でした・・・。

体操レッスン後、軽食(バナナ)食べてちょっと休んでスイミングへ。

夫に息子を託して自分は見学コーナーに回ってぼーっとしてたら事件が。

息子が逃亡しました・・・。

夫と着替えコーナーで着替えていたら、ちょっとしたスキに外に出てしまったとの事(子ども用の更衣室の入口はカーテンで、ドアになっていない)。

真っ青になってトイレその他駆け回ったら、更衣室のすぐ隣の授乳室にちょこんと立ってました・・・。

おう、どした?

ヒヤヒヤした。。

幸い利用者はなく、何事も無かったかのような顔をしている息子を夫に託し、今度こそ見学。ほんとに、肝が冷えました。目が離せない。。

スイミングも楽しんでいたようで、何よりでした。

申込

ドタバタありましたが、ひとまず楽しそうね~という事で申し込む事にしました。

息子の年齢に対応したクラスはまだ土曜でも空きがあるそうですが、もう少し上になると、もう土曜クラスは空きがないらしい。今入ればそのままスライドできる、という売り文句。

共働きが増えている事を、こんな場でも実感したのでした。

心配ごと

という程でもないですが。「習い事」のように、時間が決まったものができると、それに合わせて子どもをせかさないといけなくなる事が、若干心配ではあります。

「早くしなさい」ってできるだけ言いたくないなと思っているけど、時間が決まっていたら言わないといけないこともありそう。

ツッコミ的な明るいノリならいいけれど、子どもが自分でやろうとしている時にかっさらう感じにならないようにしたいな、と思ったりです。

なお、夫の心配は

朝結構早いけど、君起きれるかね?

うっ

いつの間にか、朝は殆ど夫にやってもらう生活になっているのでちゃんとできるかどうか・・・。自分の心配の方が先でした。

(おまけ)「早くしなさい」が気になるようになったきっかけのマンガ。愛読しています。