品川で子育てしているSEのゆるゆる芋づる式日記

品川区での保活情報、4歳&1歳男子育児、仕事と家庭の両立について一応東大なミーハーSEが綴るブログです

1歳3歳子連れシンガポール旅行記③-2 3日目 マーライオン・パーク、ナイトサファリ

スポンサーリンク

おはようございます。

4/12-16のシンガポール旅行、中盤3日目4/14(日)、続きです。

このシリーズ、ゴールデンウィークに行かれる方の参考になればと思いもあり、それまでに終わるつもりだったのですが、、終わらなさそうです( ̄▽ ̄;)

取り急ぎ、今回は「これ持っていけばよかったと思うたった1つのモノ」(←ブログのタイトルっぽい)についても追記で書かせていただきます。

我が家のメンバー紹介

・長男たろう 3歳、保育園児。動物好き。
・次男じろう 1歳、保育園児(なりたて)。されるがまま。
・三太(夫) アラフォー会社員。
・とろろ(私) アラフォー会社員(育休中)。

マーライオン・パーク

マーライオン・パークへ

シンガポール・フライヤーに乗った後、いったんホテルに戻って忘れていたエルゴを調達し、マーライオン・パークに向かいました。

ホテルからタクシーで行きましたが、歩いてもたいした距離ではなかったと思います。

マーライオンとは

(ガイドブックより)

国名の由来である「シンガ(サンスクリット語でライオン)」と海にゆかりのある土地柄から「マー(フランス語で海)」を象徴する上半身ライオン、下半身魚の像。国の守り神とされる。

シンガポールといえば・・・のあのマーライオン。公式に認められたマーライオンは国内に何体かいて、特に有名(みんなが撮っている)のが、「マーライオン・パーク」のマーライオン像です。

写真・我が家の様子

タクシーでマーライオン・パークに向かい、すぐ到着。

いざマーライオンへ・・・。

が、なんと。

工事中・・・。

すみません、知ってました。旅行代理店の人がきちんと事前に説明してくれてました。

マーライオン像」は2019年4月現在修復工事中で、この時見た看板によれば5/6までかかるそう。

残念!でもある意味「逆にレア」??

てな訳で、そのそばにある「ミニマーライオン」像で写真を撮る事にしました。

行ってみるとそこは「渋谷のハチ公」状態。

世界中の人が、思い思いにポーズを撮って写真撮影を楽しんでいました。平和で、素敵な光景だなと思いました。

たろうにも是非・・・と思ったのですが。

ポーズどころではない(めっちゃ笑ってます)。

色んな意味で残念な感じ?いや、逆にレア!

その後、そばのレストランで遅めの昼食。

美味しかった!

そしてたろうは沈没。

この後、さらに子どもも楽しめるという「ナショナルミュージアム」に行こうか、なんて話してたのですが、たろうが寝ちゃったのでやめました。

帰りは一瞬雨に降られましたが、ベビーカー用のレインカバーと折りたたみ傘を持って行ってたので大丈夫でした。

シンガポールは今は乾季との事ですが、やっぱり雨は降るので、ベビーカー用のレインカバーはあった方が安心だなと思います。

徒歩でホテルに帰る道中、マリーナベイサンズをつまみました。

ナイトサファリ

シンガポールで有名な観光地といえば「ナイトサファリ」。
我が家は長男たろうが動物好きな為、見に行く事にしていました。

動物園はナイトサファリの他にも「シンガポール動物園」「リバーサファリ」とあるのですが、昼間は暑そうなので夜ナイトサファリに行く事にしました。

その分夜遅くなってしまうのですが・・・帰国してから保育園通いで修正作戦。。

写真・我が家の様子

まずはタクシーでナイトサファリまで。
19:15の開場目指していたのですが、なんやかやこの時点で19時半過ぎ。。

入場料は、
大人 45SGD 3710円
子ども(3-12歳) 30SGD 2473円
計 9895円 お高い!
※ちなみに上野動物園は大人1人600円、子どもは小6まで無料。

20:15のチケットを購入後、ナイトサファリへ。

まずは入り口のレストランでご飯。ここも美味しかった。

子ども用にストローが欲しいと思ったけど「世界的にストローの使用は廃止の方向」という事でストローは無かったです。なるほど。

20時には「トンブアカ・パフォーマンス」が始まりました。迫力があって、面白かった!

さらに20:30からの「クリーチャーズ・オブ・ザ・ナイトショー」を・・・と思っていたのですが出遅れたせいか入れず💦

まいっか、という事で園内に入る事に。

コースは「トレイル」(歩く)コースかトラムに乗るコースのどちらか。トラムはかなり並んでいたので、トレイルに行く事にしました。

フォーメーションは、たろう→歩き、じろう→ベビーカー。「トレイル」なのでベビーカー大丈夫かなと思いましたが、段差無く全部ベビーカーでいけました。これは感動。

で、園内の様子はというと・・・。
写真

あとから見るとよく分からない・・・。

動物は見えたり見えなかったりですが、たろうはとにかく喜んでいて、連れてきてよかったなぁと思いました。

トレイルから入り口近くに戻り、今度はトラムに乗る事に。(トレイルだけにしようかと思ったけどたろうが乗りたがった。)

トラムではいったんベビーカーは預け、全員座って乗り込みます。

この時、たろうがお気に入りの「はちさん」のリュックをトラムの入り口付近に置き忘れ、いったん降りて次の号に乗らないといけないかも?という状況に一瞬なりましたが、結局間に合いました。ちゃんと持っとけー。

いざトラムの旅。

日本語トラムもあるけどチケット売り場で予約が必要。という事に入ってから気づいたので、普通のトラムに乗る事にしました。。

アナウンスは分かったり分からなかったりでしたが、動物についての解説の合間に、動物との共生や環境保護が大事だ、この動物園はそのために尽力している、とか動物にはそれぞれ名前がつけられていて・・・といった説明が流れていました。

フラッシュ禁止なのでそこは注意でございます。

トラムを降りて、何故かたろうが「ジュース飲みたい」と言い出したので、夫に飲ませてもらっている間に私はお土産売り場へ。

何故これが、と思いつつつい買ってしまいました。

さらにじろうが泣きだしたので授乳室も利用しました。きれいで使い易かったです。

大満足のたろう(と爆睡したじろう)と共に帰路のタクシーに。

タクシーの運転手さんに、
シンガポールのタクシーでは、迷子や迷子老人がいたら、警察から全タクシーにメッセージが送られ、運転手はそれをタクシーメーターで確認する事ができる」という話を何故かしてもらいながら帰りました。現物指さしながら話してくれたのでなんとなく分かった。

次回はいよいよマリーナベイサンズへ行きます!

これ持っていけばよかったと思うたった1つのモノ

ずばり、自撮り棒です。

持っていけばというかうちに無かったのですが。。Amazonで買えるので、子連れで海外行かれる方には是非おススメしたいです!

なぜおススメかというと、無いと家族での写真がなかなか撮れないから。

折角の海外旅行、いつも以上に家族写真を撮りたい。だけど子どもはなかなか言う事聞いてくれず。取り押さえつつスマホを持って自撮りするのは難しい。

仮に押さえられても、リーチが短いとなかなか全員うまく収まらない。両手使わないといけなかったり。

(こんな写真がいっぱいに。私ほぼいないし。。)

自撮り棒だと、十分リーチ取れて片手操作ができていいな!と周りを見て思いました。

道行く親切な人にお願いする事もできなくは無いけれど、子どもがいるとなかなかまともな写真が撮れない。でも、何度も撮ってもらうのは気が引けて無理。盗まれる恐れも無いとはいえず。

自撮り棒があれば人にお願いする必要が無く、そこもストレス減になると思いました。

それに、自撮り棒使った方が通行の妨げになりにくい面も。(撮る人・撮られる人がいると、その間を通らないようにと人を待たせてしまう事しばし。)

シンガポールインスタ映え天国で、ちょうどいい場所に写真スポットが沢山。皆さん自撮り棒でセルフィーしまくってました。

安全・周りへの配慮は勿論大前提ですが、折角の機会、家族写真を残せるように自撮り棒の持参を是非おススメします。

シンガポール旅行ここまでまとめ

初日 4/12金 - 飛行機で移動、リッツ宿泊

2日目 4/13土 - ホテルの朝食、キッズルーム、プール、アフタヌーンティー、カトン散策



3日目 4/14日 - シンガポールフライヤー、マーライオン・パーク(今回)、ナイトサファリ(今回)