品川で子育てしているSEのゆるゆる芋づる式日記

品川区での子育てや日々の徒然を一応東大なミーハーSEが綴っています。夫、2015年生まれの長男たろう、2018年生まれの次男じろうの4人家族。

そんな訳でついに家事代行の業者さんを決めました

おはようございます。

どんな訳かというと、以前悩んでいた家事代行の業者さんを、やっと決めました。

悩んだ過程などまとめてみたいと思います。

家事代行依頼の動機

我が家の最近の家事分担はだいたいこんな感じです。
(平日)
f:id:tonarino_tororo_desu:20180204021938p:plain
(休日)
f:id:tonarino_tororo_desu:20180204022006p:plain

この中で、黄色く塗った「料理」と「掃除」、特に「掃除」がお腹が大きくなるにつれしんどくなってきたので、どうにかしたいと思うようになってきました。

夫に頼むというのも考えなくはなかったのですが、すでにだいぶやってるし、夫にはできるだけ息子(たろう2歳)の面倒を見て欲しい(一番の重労働)。

さらに次男(じろう)が産まれたらじろう&自分の面倒もお願いしたい。。

・・・という事で、外出しできそうな部分を業者さんにお願いしてみる事にしました。

お試ししてみた

まずは周囲(会社の同僚やFacebookで繋がっている友人・後輩)に業者さん情報を聞いて、よさそうな業者さん4社をピックアップしました。

そして約3週に1回、各業者さんに「お試し」をお願いしてみました。

依頼内容は当初「掃除メインにしつつ時間が余ったらお料理も」としていましたが、殆どの場合掃除だけでお試しの時間(2-3時間)を使い切ってしまい結局「料理」をまともに頼む事はありませんでした。。

それに、同時並行でコープの利用を始めたところキットを活用して料理にあまり時間もかからなくなってきました。いざとなったら買えるし。

想定している隔週ペースであれば「掃除」が一番効率がいい気がしてきたので、作業は「掃除」に絞る事にしました。

更に、「掃除」の中でも立ちながらできるキッチン水回りや掃除機がけはそこまで辛くなく。リビングダイニングなどの広めの平地は「ルーロ」でそこそこカバー。

「しゃがむ」が中心、ロボットでカバーできず、かつ衛生面で気になるお風呂・トイレ・ふとん、人目に触れる玄関・廊下を中心にお願いするようになりました。

比較・検討

検討したのは以下の4社です。

「かじまある」
echoice.to
「マイ暮らす」
www.myclass.jp
「ベアーズ」
www.happy-bears.com
「タスカジ」
taskaji.jp

(自治体によっては「シルバー人材センター」がかなりよい、という意見もありました。

また、「かじまある」は首都圏近郊、など業者さんによってエリアも千差万別なので注意です。)

主にお値段の比較。ややこしい。。
※Webや実際の明細を元にできるだけ記載しましたが、今後変動もありうるので正確なところは各業者さんにお問合せください。
f:id:tonarino_tororo_desu:20180208182127p:plain

以下感想です。

「かじまある」
〇:
・連絡手段がメール中心(電話だと仕事中は出られないので自分のタイミングで対応できるメールがよかった。残るし)
・お試しで来た方が向こうから提案したり教えてくれるタイプの方だった(この辺は相性)
・なんとなく融通が利く感じ
・支払いが楽(お試しも全額クレカ)

「マイ暮らす」
〇:
・掃除のクオリティは(全体甲乙つけがたいけど)1番かも
△:
・連絡手段が電話
・お試しが2時間のみだった

「ベアーズ」
〇:
・やりとりがメール
・掃除のスピードは1番だった
・お風呂の換気扇もやってくれた(外すのはこちら)
△:
・お試しは支払いが振込用紙で面倒だった

「タスカジ」
タスカジは他3社と違い、業者を通して依頼ではなくマッチングサービスで直接候補の方から選ぶ形式。お値段は人により異なる。
〇:
・Webアプリが使い易い
・他よりリーズナブルでありつつ(頼んだ方は)掃除のクオリティは充分高かった
・いろんな方がいるので、「選ぶ」楽しさはある?
△:
・こちらが希望している土日に定期で入れる人がなかなかいない
・交通費は当日現金で直接支払う必要あり
・「スポット」利用だと「定期」より高い上都度調整するのが面倒
・業者さんだと担当者の方の都合が悪い時は他の人に替わってもらえるが、それはできない

・・・
お掃除の結果について大きな差は感じられなかったので、まずは「お値段」、プラス連絡しやすさ、相性を中心に決める事にしました。

「お値段」で考えると1番安いのは「タスカジ」の「定期」でしたが、「定期」だとこちらの希望する土日空いてる人がなかなか見つからず。

で、「スポット」だと「定期」より高くなり、2番目に安かった「かじまある」とあまり変わらず。また、都度調整するのも面倒。

さらに、「かじまある」は来てもらった方が向こうから教えてくれたり「なんでも言ってください!」という感じで自分的に望ましかったので、かじまあるさんにする事にしました。
追記:お試しで来られた方が契約した場合は来てもらえそうだった、という事情あり。

たぶんこの辺は業者さんよりスタッフさんの個人的なものかと思います。頼む側の好みもありますし。

以上、あくまで私の感想でほんとに千差万別なので、とにかく「お試し」をされる事をオススメします・・・!

2-3時間の中での作業内容

業者さんによりですが、ざっくりこんな感じでした。

(2時間の場合)
玄関(掃き・拭き)
廊下(掃き・拭き)
お風呂
脱衣所・洗面台
トイレ
和室の掃除機がけ(襖のさんも)
布団の掃除機がけ
キッチンの床(掃き・拭き)
リビングざっと掃除機

(3時間の場合)
上記にプラスして、
キッチン水回り
洋室1室(掃き・拭き)
リビング・ダイニング(掃き・拭き)

追記:高所作業や「エアコンクリーニング」などより専門的な作業は基本「家事代行」には含まれません。

一軒家だと階段があったりしてもっと時間がかかりそう。

ちなみにどの業者さんのときも夫の部屋は手付かずです。なんせ足の踏み場ないので片づけだけで1時間以上かかるし別に需要ないし。

掃除してもらうときのコツなど

1) 用意しておいた方がいいお掃除道具
ドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」ではみくりさんが掃除グッズを持参していましたが、「家事代行」の場合は基本どの業者さんも「その家にあるものでやります」となっているので、予め用意要です。

(といいつつ、かじまあるさんは自前の道具、マイ暮らすさんは自前のふきん持参だった。)

基本普段使っているものでよいと思いますが、我が家で使ってもらったものを列挙します。☆ は無かったので買ったもの。

(共通)
・掃除機
・使用済歯ブラシ
・ぞうきん
クイックルワイパー
・メラミンスポンジ(激落ちくん)
・金属用お掃除シート
・ゴミ用のコンビニ袋

(キッチン)
・ホーミング(キッチンクレンザー)☆

(お風呂、洗面所)
バスマジックリン
・鏡用洗剤
・カビ取り洗剤
クエン酸
・お風呂用ブラシ
・スポンジ

(トイレ)
・トイレ用クイックル
・トイレ洗剤
・トイレ用ブラシ

2) 依頼の仕方
だいたいどの方も慣れているのであまり細かい指示は不要でしたが、曖昧そうなところや自分が気になるところはお伝えした方がよいなと思いました。

例えば
・トイレの壁、棚
・脱衣所の洗濯機・歯ブラシ立て
・激落ちくんの使い方(我が家はちびちび使ってましたが、何も言わなかったら豪快に使われた方もいたので。。)
・汚れているところとそうでもないところのブラシを分けている場合(向こうから聞いてくれる事も多い)
といったところです。

3) 終了後の確認
後で食い違いがないように、やってもらった内容を言ってもらいながら、がいいなと思いました。

4) 掃除してもらっている間の自分の時間の使い方
意外と手持無沙汰になる事も・・・。

5) 予約のタイミング
家事代行さん、どこもかなり人気のようでした。年末だとなかなか予約が取れなかったのでお早めに。

利用しての感想など

■メリット
・楽してきれいになる!
・自分でやるよりよい
・気づかなかった汚れを取ってもらえた。特に水回りは見えないところにホコリやカビがある事がわかり、ゾッとした。。
コツを色々教えてもらえた
キープしようという気持ちが湧く
・褒められると嬉しい

■デメリット
・お金がかかる(当然・・・)

■今後について
ひとまず月2、1回2時間でお願いする事にしました。出産後しばらく精神的にも肉体的にも家事はままならないと思われるので、当分継続予定です。

トイレなどはさすがに隔週だと合間に自分でもやらなきゃですが、1度きっちりやってもらうとあとは気づいた時ちょこちょこでできるのが気分的に楽だと思います。

元気になってきたら・・・復職後は・・・どうしようかなぁ。妙齢男子2人育児がしばらく続くので継続可能性大。

お金勿体無いかなぁ、とも思ったのですが、体力と時間には限りがあるし、できるところはお願いして無理しないのがいいなと思いました。。