品川で子育てしているSEのゆるゆる芋づる式日記

5歳&2歳男子育児@品川区、仕事と家庭の両立について一応東大なミーハーSEが綴るブログです

東京本土唯一の村、「檜原村」に行ってきました!

スポンサーリンク

おはようございます。お久しぶりです。となりのとろろです。

またまた間が空いてしまいましたが💦先月シルバーウィークに「檜原村」に1泊2日旅行をしてきましたので、レポートをしたいと思います・・・!

実はTwitterでちょこちょこつぶやいていて、ここはどこでしょうクイズ的な事をさせていただいたのですが、見事えださん(@chihajirou)が正解されました!ありがとうございます♪♪(だいぶ間があいてしまってすみません。。)

我が家のメンバー紹介

・長男たろう 5歳、保育園年中組。
・次男じろう 2歳、保育園2歳クラス。
・三太(夫) アラフォー会社員。
・とろろ(私) アラフォー会社員。

檜原村とは

東京都の、島しょ部を除き唯一の「村」でございます。
www.vill.hinohara.tokyo.jp

こちらの地図の、左上(北西)あたり。
f:id:tonarino_tororo_desu:20201010072846p:plain

人口は2020年8月1日現在「1,972人」との事。
「縄文早期以降、人が住んだ跡が幾つも発見されている」とか(゚д゚)!
詳しくはWikipediaをご覧くださいませ。

なぜ檜原村

今年はこのコロナ禍の中、近所の公園以外家族でのおでかけはほぼ皆無でした・・・。
(去年のシンガポール旅行が遥か彼方に感じる。)

色々悩ましいところですが、感染状況等を見つつ、子ども達に自然に触れられる機会を作れないか?と考え、都内での旅行を計画してみる事にしました。

当初は友人に教えてもらった(ありがとう!)「奥多摩のキャンプ」を検討したのですが、問い合わせたところコロナの為バーベキューグッズのレンタルは中止しているとの事。。

我が家は「車なし」「BBQグッズなし」「独力アウトドア経験皆無」。グッズを置く場所もない・・・。

そんな訳でキャンプ路線は一旦諦めましたが、奥多摩の自然そのものは捨てがたい。山に行きたい!

ならば、ご飯は上げ膳据え膳でいただける「旅館」に宿泊の上、ゆっくり山の中で自然を満喫するのはどうだろう?と方向転換する事にしました。

その中で目に留まったのが「東京本土唯一の村」である「檜原村」。「唯一の村」と言われると、それだけで好奇心が湧いてきて、ここは1つGo To ビレッジしてみよう、と相成ったのでした。

※我が家は都民で、行ったのは9月なのでもちろん「Go To」キャンペーン対象外でした(^^;)念の為。

我が家の行程

前述のように我が家は「車なし」。ただ車が無いだけでなく運転技術もないのでレンタカーというワザも使えず。

という訳で公共交通機関だけで行きました。千葉の方が近い。

具体的には、
・まずは東京駅まで行き、中央線に始発で乗って東京→拝島へ
・拝島で五日市線に乗り換え、武蔵五日市へ
・さらにバスで1時間近く揺られ、旅館の最寄バス亭「下平」到着。

東京駅→バス亭までで2時間半。
京都に行くより時間がかかりました・・・!

2歳5歳で2時間半はなかなかのチャレンジでしたが、意外に5歳はいい子にしてくれました。(2歳は本当に大変だった・・・主に夫が。)

さてどうなりますことやら。続きます。

写真

(中央線の車内@東京駅。こんなに人がいない車両に乗るのは稀)

(武蔵五日市駅!※撮影したのは帰路)

(長男が「バスのじはんき」と言っていた、武蔵五日市駅そばの自販機)

(バスに充電用コンセントがあった!)

(山!!)