品川で子育てしているSEのゆるゆる芋づる式日記

5歳&2歳男子育児@品川区、仕事と家庭の両立について一応東大なミーハーSEが綴るブログです

5歳長男、15の2乗を覚えたの巻😳(アニメNumberblocks効果!)

スポンサーリンク

おはようございます。

以前から"Numberblocks"というアニメが凄い!というお話を何かとしていたのですが、改めてびっくり、というお話でございます。

我が家のメンバー紹介

・長男たろう 5歳、保育園年中組。
・次男じろう 2歳、保育園2歳クラス。
・三太(夫) アラフォー会社員。理系。
・とろろ(私) アラフォー会社員。文系。

Numberblocksとは

以前の記事を元にご紹介。

"Numberblocks"とは、CBeebies(イギリスBBCの子供向けチャンネル)による算数アニメです。

YouTubeで無料で観られます。
www.youtube.com

数字がブロックのキャラクターになっていて、楽しみながら「足し算」「引き算」「掛け算」「割り算」等を教えてくれるというもの。

キャラクターも可愛く、とても丁寧に作られていて、作っているスタッフさんの愛情を感じるシリーズなのでございます。

長男のハマりっぷり

いつの間にか見始めていた長男ですがとにかくハマりにハマり。

ひたすらキャラクターを描いて遊び。

牛乳パック製のNumberblocksで遊び。

これ作るのほんと大変だった・・・。

仮住まい生活中は出すと大変なので出しておらず。

「キューブブロック」を組み立て&キャラクターの顔を貼って遊び。
(材料)

Numberblocks Annual 2020

Numberblocks Annual 2020

こんな感じに。ファン動画を見て息子がやりたがったので、Amazonで買いました。印刷は全部夫任せ。

最近ではさらにScratchJrというアプリを使い、夫の古いiPadで絵をひたすら描いております。。
www.fun-scratchjr.com
(没頭)

「7」

「22」ちょっと可愛い。

「21」20+1バージョン

「21」↑を変形させて3×7バージョンに

色々ミックス

もちろん、引き続きリアルも大量生産。

これは長男と私の合作

合作その2

熱量が伝われば幸いです。

Numberblocks効果

4歳後半からどっぷり漬かっている長男に現れた「効果」はと言いますと。

1の2乗~15の2乗まで言えるようになった
(こちらは15の2乗のみですが、その模様。※音声のみ、オチなし)

なお、ちゃんと計算しているのではなくただ覚えているようです。。

簡単な2桁の足し算はできるように
20+12 とか、13+18とか。繰り上がりになると怪しいですが。

「ゼロ」の存在を知る
保育園の帰り、自転車に乗りながら
たろう「ねぇお母さん、ゼロたすいちは?って言ってー」
私「ゼロたすいちはー?」
たろう「いち!次は、ゼロたすには?って言ってー」
みたいなやり取りを延々続けた、なんてこともありました。

「-1 + -1 = -2」と、英語で言い出した・・・。
マイナスって中学で習ったような(別に小学生で教えてもいい気がしますが)。

・1から10, 20 , 30 ,,,100, 1000, 100万は英語で言えるようになった
「わぁん、さうざーん!」と必殺技のようにノリノリで言っています。

おまけ。「13の2乗」をちょっと楽に。

「13の2乗」や「19の2乗」の暗算って、実は昔習った因数分解を使うと結構楽なんですよね。

(a+b)2乗 = aの2乗+2ab+bの2乗
(a-b)2乗 = aの2乗-2ab+bの2乗

つまり、
13の2乗
=(10+3)2乗 = 10の2乗+2×10×3+3の2乗 = 100+60+9 = 169

19の2乗
=(20-1)2乗 = 20の2乗-2×20×1+1の2乗 = 400-40+1 = 361

って数字を書き連ねましたが、要はこういう事で。

Numberblocksの2次創作動画でこのようなイラストを載せているものがあって、「そういえばそうだったな~」と懐かしくなりました。

長男には、暗記と言うより、感覚的に数に慣れて楽しんでもらえたらいいなと思っています。